乳児症状を考えます

もしもお子さんの肌に乳児湿疹が見られたら、すぐに対処してあげましょう。原因や改善方法は異なるので、症状を見極めることが必要です。

様々な症状があります

頬に手をあてる乳児

誕生したばかりの乳児は、身体機能が非常に未発達です。そのため、日数が経過すると共に改善する症状が多い一方で個人差も大きい傾向にあります。乳児湿疹は、生まれた直後から1歳頃までの乳児に現れる湿疹の総称で、症状や原因には様々な種類があります。 内分泌機能が未発達な乳児は、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて皮膚表面を覆うことでニキビ状の乳児湿疹が現れることがあります。そのため、毎日の入浴で十分に洗浄して清潔を維持することで症状の改善に繋がることが一般的です。また、体温が高くて発汗能力も未熟な乳児が汗を纏わりつかせて蒸れることで発症するあせもも乳児湿疹の一種です。これも入浴で清潔にして着替えを頻繁に行って涼しい衣類を着用することで改善できます。

親の食習慣も影響します

アトピー性皮膚炎も乳児湿疹の一種ですが、この症状は遺伝的要因が強くて現在も治療方法は確立していません。アレルギー要因が特定できないと改善させることも大変困難です。そのため、症状を悪化させないように清潔なケアを心掛けることが大切です。成長と共に改善することも珍しくありませんが、長期的に取り組むことが大切です。 大抵の要因は外部の環境や乳児の身体機能の影響で発症する乳児湿疹ですが、栄耀補給の手段として母乳が占める割合が大きいので母親の生活習慣が影響する場合もあります。特に母親の食生活が悪くなると、母乳の質の低下を招くので注意が必要です。基本的に全ての乳児に共通して乳児湿疹は現れる要因があるので、突然の症状に慌てないことが重要です。

乳児ケア用品を紹介します

看護師

誕生したばかりの乳幼児の肌は大変敏感なので、大人向け製品の使用は危険を伴います。ベビーローションは乾燥肌の乳幼児に安全な成分が配合されているので、安心して使えます。最近はアレルギー性皮膚炎の予防として使用されるようにもなっています。

読んでみよう

皮脂などの影響で起きます

医者

乳児湿疹の原因としては、母親から受け取った女性ホルモンによって皮脂が多く分泌されるために起きます。きちんと洗ってあげることも大切ですが、乾燥させないために保湿をしっかりと行うと同時に汗を吸った服などは早めに交換するとよいです。

読んでみよう

冬の育児で注意すること

母子

乾燥しやすい冬場は大人はもちろんのこと、赤ちゃんもしっかりとした乾燥対策が必要です。乾燥から引き起こされる様々なトラブルから赤ちゃんを守るために、こまめな湿度管理をして、赤ちゃんにとって快適な環境にしてあげることが重要です。

読んでみよう